緊張感と空気感

昨日、体験授業のお申し込みをいただきました!

お問い合わせやご入会いただく度、程よいドキドキを感じます。

これは、ワクワクの「緊張感」です。

 

自分の経験してきたことを、咀嚼してお子さん方に伝えるというのは、やはり、事前の準備が

とても大切だと思います。その準備段階ですでにワクワクなのですが(笑)

どうやったら伝わるだろうか、どういう解釈が分かりやすいのか、一人一人違って当然なので、

それだけの引き出しが必要になります。これは、いくら勉強しても足りません…。

日々お子さんと向き合いながら、あんな技やこんな技を身につけていきたいです。

 

昨日は教室が定休でしたので、とある勉強会に参加しました。最近は様々なジャンルの

勉強会に参加しています。詳しくはさて置き、講師の方の作る「空気感」は本当に大切で、

その勉強会がどこに向かうのかは講師しだい、ということをひしひしと感じています。

正に私もその講師の方と同じ立場でお子さん方に書道を教えるわけで、教室の「空気感」を

作り出すのは、紛れもなく私なのです。

 

明るく楽しい、そして「緊張感」の中にも何だかほっとできる教室づくりを目指して頑張ろうと思います。

雨の日だって元気に!皆さまをお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です